楽団紹介
これからの演奏会
これまでの演奏会
団員募集
練習情報
パート紹介
コミュニティ
関連イベント
関連リンク
団員専用

トロンボーン

TbTub%2B.jpg

こんにちは。「トロンボーン&チューバ」パートです。本日は定期演奏会にお越しいただきありがとうございます。私たちは舞台の後方で、中〜低音を担当しています。 トロンボーンは、伸び縮みの動きがとても印象的な金管楽器です。長い管の部分は“スライド”と呼ばれ、スライドを上下に動かすことで、音を出しています。他の管楽器が指で穴やボタンをおさえて音を変えている中、忙しくスライドを上下する姿は、トロンボーンならではの光景です。 チューバは1820年代のバルブ装置の発明によって新しい金管楽器が登場する中、今回のプログラムが作曲されたのと同じ19世紀頃、1835年に誕生した楽器です。 今回の定期演奏会では、前プログラムの「ニュンヘンベルクのマイスタージンガー」序曲とメインの交響曲第9番「新世界」に登場します。金色のボディを照明にきらめかせながら精一杯演奏しますので、どうぞ最後までお楽しみください。

サイトポリシー専修大学