楽団紹介
運営組織
トレーナー紹介
行事予定
規程
これからの演奏会
これまでの演奏会
団員募集
練習情報
パート紹介
コミュニティ
関連イベント
関連リンク
団員専用

専修大学フィルハーモニー管弦楽団規程

第1条(目的)

専修大学は建学の精神に則り、音楽の研究・発展を通じて教員・職員および学生の厚生・親善をはかることを期するとともに、広く内外の文化の発展に寄与することを目的として管弦楽団を付設する。

第2条(名称)

この管弦楽団は専修大学フィルハーモニー管弦楽団と称する。

第3条(事業)

この管弦楽団は、次の事業を行う。
1.演奏会の開催。
2.大学の諸行事への参加および学内諸団体との協力。
2.その他目的達成に必要なこと。

第4条(団員資格・準団員)

1.この管弦楽団の団員は専修大学の役員・教職員・学生でなければならない。
2.前項に該当しない者は準団員または団友とすることができる。
3.準団員および団友に関する取扱いは別に定める。

第5条(団長および副団長)

1.団長は、この管弦楽団を統括する。
2.副団長は、団長を補佐し、団長に事故あるときは団長の職務を遂行する。
3.団長は教職員から1名、副団長は教職員から1名および学生団員から1名とする。
4.団長および副団長の任期は1年とする。ただし、再任を妨げない。

第6条(顧問)

1.この管弦楽団は、顧問を推戴することができる。
2.顧問は、運営委員会の議を経て団長が委嘱する。

第7条(運営委員および運営委員会)

1.運営委員は、教職員5ないし8名および学生団員5ないし8名とし、団長が委嘱する。
2.運営委員の任期は1年とする。ただし、再任を妨げない。
3.運営委員会は、毎年2回、一定の時期に団長が召集する。
4.運営委員会は、団長、副団長、運営委員および幹事によって構成し、団務につき協議する。

第8条(幹事)

1.幹事は、この管弦楽団に関する事務を分掌し処理する。
2.幹事は若干名とし、団長が委嘱する。
3.幹事の任期は1年とする。ただし、再任を妨げない。

第9条(入団)

1.団員および準団員になろうとする者は、所定の手続きを経て団長に願い出なければならない。
2.団長は前項の願い出をした者の人格・識見および技量につき運営委員会の議を経て入団を許可する。

第10条(退団)

1.退団を希望する者は団長に届け出なければならない。
2.次の各号の2)および3)に該当する者は謹慎を命じまたは退団させる。
1)休学、退学者および除籍された者。
2)学則により処分された者。
3)この管弦楽団の品位を著しく傷つける行為のあった者。

第11条(練習)

練習は専修大学内において課外時間内に行うことを原則とし、特に必要があると認められる場合には夜間練習および合宿練習を行うことができる。

第12条(大学の施設・器具の破損・紛失等の責任)

故意または過失により大学の施設を破損しまたは大学の器具・備品等を破損もしくは紛失せしめた者は、それによって生じた損害を賠償しなければならない。

第13条(会計)

この管弦楽団の経費は団員および準団員の納入する団費、大学からの補助金および寄付金、その他で賄い、会計年度は4月1日から翌年3月31日までとする。

第14条(所管)

この管弦楽団についての事務は、庶務課(生田)の所管とする。

 

第15条(細則の制定)

この規程を実施するために必要な細則は、運営委員会の議を経て団長が制定する。

第16条(規程の改廃)

この規程の改廃については、運営委員会の議を経た上で団長が大学にこれを報告し、その承認を得なければならない。

[付則]この規程は昭和47年12月5日から施行する。
[付則]この規程は昭和61年12月18日から施行する。
[付則]この規程は平成8年12月3日から施行する。

サイトポリシー専修大学